美肌習慣

美肌習慣

美肌に必要な生活習慣は、食事とともに睡眠があげられます。
食事には気を使っていても、睡眠を大事にしている人は
案外少ないのではないでしょうか?

 

寝不足になると、顔色がさえなかったり、クマができたりします。
化粧のノリもよくないですね。
食生活が乱れても、すぐ次の日に肌にあらわれたりはしませんが、
寝不足はその日のうちに顔にでてしまいます。
睡眠のほうが、肌への影響力は大きいのです。

 

それでは、美肌のためにはどのくらいの睡眠が必要なのでしょうか。
これは、最低でも1日6時間ほしいところです。
それ以下だと肌荒れしやすくなるといわれています。
若いうちは、成長ホルモンの分泌も活発なので、多少の睡眠不足でも
お肌の回復がはやかったかもしれません。
ですが、年を重ねていくごとに睡眠不足の影響はあらわれてきます。

 

よくいわれる、肌のゴールデンタイムは午後10時から午前2時ですね。
しかし、午後10時に布団にはいるというのは、なかなか現実的ではありません。
なるべく0時まで、遅くても0時半くらいまでに、寝るようにしたいものです。

 

睡眠不足は、免疫力の低下を招くため、肌再生がうまくいかなくなります。
すると肌あれや肌老化を促進してしまいます。
怪我をしたときにも、傷口がふさがりにくくなったりします。
睡眠時間の確保は、とても大事なことなのですね。

 

 

参考サイト:オラクル化粧品


このページの先頭へ戻る